鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、

鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、

正月年神)やに供えた鏡餅を下げて食べる、日本年中行事であり、神仏に感謝し、またその供えられたものを頂いて無病息災などを祈って、汁粉雑煮などで食される。

江戸時代、新年の吉日に商家では蔵開きの行事をしたが、武家ではなどの具足に供えた具足餅を下げて雑煮などにして食し、これを「刃柄(はつか)」を祝うといった。女性が台に供えた鏡餅を開く事を「初顔」を祝うといった。この武家社会の風習が一般化したものである。江戸城では、重箱に詰めた餅と餡が大奥にも贈られ、汁粉などにして食べた。

刃物で餅を切るのは切腹を連想させるので手や木鎚で割り、「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使用する(「開き」は「割り」の忌み言葉)。鏡は円満を、開くは末広がりを意味する。また、鏡餅を食すことを「歯固め」という。これは、硬いものを食べ、を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためという。

鏡餅の割れ方で占いをする地域もあり、「鏡餅の割れが多ければ豊作」と言われている。武家の具足式を受け継ぎ、柔道場・剣道場などでは現在も鏡開き式を新年に行なうところもある。

日付
一般的には、年神(歳神)へのお供えが松の内(1月7日)に終わったあとの1月11日に行われる(土日祝日などにより異なる場合もある)。元々は松の内が終わる小正月1月15日 (旧暦))後の1月20日 (旧暦)に行われていたが、徳川家光が亡くなったのが慶安4年(1651年4月20日 (旧暦)であったため、1月20日を忌日として避け、後に松の内後の1月11日 (旧暦)とされた。

グレゴリオ暦新暦)になった現在、松の内が1月15日の地方では1月20日二十日正月)に行われる。

京都府や近隣の一部では、1月4日に行なうが、その理由は明確とはなっていないと言われている。

Wikipedia参照

2018年の鏡開きの日にちは、1月11日(木)です。

この日にちは、地域によって違ったり、土日祝日の関係で異なることもありますが、 一般的に1月11日が鏡開きの日とされています。

しかし、関西では1月15日に行われることが多く、京都や近隣の一部の地域では、1月4日に行われます。

関東と関西の鏡開きの日にちが違う理由

昔は鏡開きは“松の内”が終わった後、1月20日に行われていました。

松の内とは・・・門松、しめ縄などお正月飾りを飾っておく期間。一般的には関東は1月7日、関西は1月15日まで。

しかし、徳川家光が亡くなったのが4月“20日”で、1月“20日”を忌日として避け、1月11日に行う風習が徳川幕府のある関東を中心に広まりました。

この風習が正確に広まらなかった関西の地域が、1月15日に鏡開きを行っているそうです。

また、鏡開きの日にちの変更に伴い、元々全国的に1月15日までだった“松の内”の期間も1月7日に変更されました。

これは、 松の内の期間のうちに鏡開きをすること、 つまり、「鏡開きの後もお正月飾りを飾っておくこと」がおかしいとされたためです。

ヒーリングサロンSAKURAの
お得なチケット取得はこちら

友だち追加

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆☆*
大阪 淀屋橋 徒歩3分
占い 天然石/パワーストーン販売 オーラ測定&診断
☆あなたの未来を幸福へと導く空間☆

ヒーリングサロン SAKURA

℡ 06-6222-2241
営業時間:13:00~20:00
定休日: 日曜日/第二月曜日
大阪市中央区北浜3-1-14タカラ淀屋橋ビル902

URL: http://hs-sakura.co

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆☆*