明日6日㈪は、蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

蟄虫啓戸

読み方:すごもりむしとをひらく

七十二候の一つ。二十四節気の啓蟄の初候にあたり、3月5日~3月9日ごろに相当する。季節は仲春。蟄虫啓戸は、それ自体としては「冬蘢りの虫が出て来る」などといった意味。また、啓蟄の次候は「桃始笑」と言い、末候は「菜虫化蝶」と言う。なお、蟄虫啓戸は「略本暦」における呼び名であり、元となった中国の宣明暦では「桃始華」と呼ばれ、「桃の花が咲き始める」などといった意味である。

土の中の虫が春の気配を感じて動き出す「啓蟄(けいちつ)」に入りました。初候の「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」は、“冬ごもりしていた虫が地上に出てくる”という意味です。
昔の人は、上巳の節句の頃になると山に入り、薬草を摘んで厄除けを行ったとか。春になると出かけたくなるのはその名残りでしょうか。

 

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆☆*

大阪 淀屋橋 徒歩3分
占い 天然石/パワーストーン販売 オーラ測定&診断

☆あなたの未来を幸福へと導く空間☆
ヒーリングサロン SAKURA

℡ 06-6222-2241
営業時間:13:00~20:00
定休日: 日曜日/第二月曜日
大阪市中央区北浜3-1-14タカラ淀屋橋ビル902
URL: http://hs-sakura.co

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆☆*

Weblio 辞書 http://www.weblio.jp/content/%E8%9F%84%E8%99%AB%E5%95%93%E6%88%B8